【NBA2K20】マイキャリア体験版で確信できました

NBA2K20
NBA 2K20 体験版_20190824161706

マイキャリアを中心に体験版をやってみた

こんにちはフロメです。

NBA2K20の体験版が先日リリースされたので早速やってみました。

基本的な操作を2KUモードで練習した後に

本題であるマイキャリアモードを実際にプレーしてみました。

私なんかでも脳みそついてますから気づいたことがありました。

最後にまとめていますのでそちらも良ければご覧ください。

 

まずは2KUについて

こちらでまずは簡単な操作方法を復讐してみました。

ハッキリ言って前作と何が違うのかわかりませんでした(^_^;)

NBA2K19をプレーしたことがある人なら何も困らず本番をプレーしてOKです。

【NBA2K19】操作方法についてまとめてみました
NBA2K19の操作方法についてまとめてみました。

でもしっかりと小技を復讐することで上級者になれるので練習ってゲームでも凄く大事ですよ。

これは本当にどの世界でも同じ!

練習嫌いなNBA選手なんていませんから!!

 

さっそくマイキャリアをプレーしてみました

NBA2K20の体験版では1つのアカウントで6体までのキャラクターを作成することができます。

 

やみくもにキャラを量産して色々試せないようにしているんですね~。(キャラの削除も不可)

それではさっそく作っていきましょうかね。

まずはいつものようにポジションを決めてビルド作成に入ります。

はじめにスキルを選びます

 

 

・フィニッシュ

・シュート

・プレイメイキング

・ディフェンス/リバウンド

 

上記が色分けされているのでその中から自分好みのスキルを選んであげます。

 

次にフィジカルを選択します

 

 

・スピード

・加速

・体の強さ

・ジャンプ力

 

今度はこの中から色分けされているスキルを選択します。

ポテンシャル・ウィングスパン選びます

 

次は少し細かいのですがポテンシャルを割り振ります。

ポテンシャルとは各能力に数値を割り振っていって総合能力MAX99に達した時のステータスを決定するものです。

ここで割り振った内容によって取得できるバッジが変わりますので非常に重要な作成画面となります。

この後にウィングスパンを決定し能力を調整することができます。(ここも大事かも)

 

成長した場合を想定し試合で試すことができます。

前作だと最初に課金すると85まで上げれるので目安としてはこのあたりでテストすることをおすすめします。

ここで「99すげー」って言ってても、そこまで成長させることができる人って膨大な時間のある方ですからね。

昨シーズンの王者であるラプターズに属しウォリアーズと戦うことができます。

体感だと結構シュート入るので難易度「プロ」ぐらいなのかなぁ。

ここまでワクワクする内容ですね。製品版が楽しみであります。

 

 

気づいた事

ここからは見る人によっては冷めるような内容かもしれませんが感じたままに書いていきます。

・純粋なポストプレーヤーは終わりか

なんだか良く見てみるとポストプレーの能力ってカテゴリ分けされちゃったようです。

フィニッシュ⇒ポストフック

シュート⇒ポストフェード

プレイメイキング⇒ポストムーブ

つまりポスト系を全て90超えするのは不可能だという事ですかね。

実際のNBAでもポストプレー専門で代表される選手は減っています。

ポストアップは1つの技でしかなくなったということですね。

楽しみにしてた華麗なポストプレーヤー作成は今作諦めることにしました。

と思いましたが、ちゃんとポストムーブが上がる仕様になっていましたね。

2Kがポストプレーをどの程度良しとしているかは分かりませんが楽しみではあります。

アキーム・オラジュワンからポストプレーを学ぼう

 

・初心者は特にシュート系を大きく上げるべき(初心者向けビルド)

これがどういうことかと言うと初心者向けのビルドは存在する。ということです。

ご存知のとおりマイキャリアではどれかの能力は必ず捨てなくてはいけません。

全ての能力を99にするなんて不可能なんです。

・簡単操作(仕様)で能力に任せる。他は諦める。=初心者向け

ということですね。

今作の場合、簡単操作(仕様)が多いのは

シュートフィニッシュディフェンス/リバウンドプレイメイキングの順番だと予想しています(過去作経験から)

とにかくシュートを上げておけば2Kが初めてでも活躍することができます。

たまにフィニッシュを上げて中に突っ込んでいくだけのガードを見かけますが

ビッグマンならともかくガードでそれは、あまり意味がないと思いますね。

フィニッシュ=密集地でもシュート成功率が上がる

のは間違いありませんが、勝利を狙うなら効率が悪いと思います。(上手い人の能力も殺します)

腕に自信が無いという方がいれば「シュート2万本です」。これで100点だって今から目指せますよ。

 

理想的なビルドの組み方(カード編)

ハッキリ言うと初心者ビルドとは別に理想的なビルドも存在すると思います。

能力の説明をしていくと

 

・フィニッシュ⇒ぶつからなければ能力上げなくても入る。

・シュート⇒能力が無いと頑張っても入らない。

・プレイメイキング⇒能力&テクニックが必要

・ディフェンス/リバウンド⇒マークマンを離さなければ能力無くても効果あり

 

シュートとプレイメイキングはテクニックだけでは難しい。

フィニッシュとディフェンス/リバウンドはテクニックでカバーするが可能。

このことからシュートプレイメイキングディフェンス/リバウンドフィニッシュ

の順番で基本的なビルド構成が理想であると考えられます。

そしてガードは体の強さは不要でスピードと加速が大事です。

ただし身長とウィングスパンはあった方がいいですね。

この辺の細かい調整こそがこのゲームの醍醐味です。

小さいフィニッシャーも楽しいかもしれませんがガチでビルドを考えている方は避けた方が良いでしょう。

 

それでは。

人気記事【PS4がラグい】プロバイダー変更で解決しました!

 

タイトルとURLをコピーしました