NBA2K19

【NBA2K19】ロックダウンディフェンダーのバッジ結果など

今回は先日、NBA2K19 preludeをプレーしてみましたので早速感想を書きます。
でもその前に前回お話ししたロックダウンディフェンダーの7つの殿堂入りバッジが明らかになったので結果をお知らせします。(PGです)
ピュアロックダウンディフェンダー殿堂入り予想バッジ

・ディフェンスストッパー
・チャージカード
・チェイスダウンアーティスト
・ロブシティフィニッシャー
・ピックドジャー
・ピックポケット
・乱暴者かポスタライザーかリムプロテクター

ピュアロックダウンディフェンダー殿堂入りバッジ(結果)

・ディフェンスストッパー
・チャージカード
・ピック回避巧者
・ピックポケット
・チェイスダウンアーティスト
・乱暴者
・素早い反射神経

なるほど~優遇されていると思ってロブシティフィニッシャーとポスタライザーが入ると思っていたのですが
結果は乱暴者と素早い反射神経というものでした。
ロブシティフィニッシャーはゴールドバッジになってましたね。
正直言うと優遇されている感じしないですよね。
まあ実際使ってもない人間がこんなこと言っているのもどうかと思いますが
そんな私は後からロックダウンに圧倒されるというオチも個人的に有りだと思っているのです。
むしろロックダウンに倒されたいですし、その方が2K側を見なおします。

NBA2K19 prelude感想

さてNBA2K19の体験版であるpreludeをプレーした訳ですが操作してみた感想はこちらです。

なんだか前作と変わっていないような気がする

まず悪い事ではありません。
もちろん細かい部分は操作性が変わっているのでしょうけど大まかに言うと変わっておりません。
その中でどのプレーが有効なのか、オープンのシュートがどれくらい入ってくるのか等2Kがパッチで調整してくると思いますので
それに適応する能力がユーザーには求められるのではないでしょうか。
ただポストプレーは少し変わったような気がします。
アップ&アンダーのフェイクをスティックですると発動しづらくなったかな。
これは自分が下手で慣れていないからかもしれませんが、ここは要確認ですね。
前作は優秀だと感じたポストからのステップバックジャンパーは今作も結構優秀だと思います。
アップ&アンダーのフェイクをかければ少しタフなショットでも入りやすい感じするし
やはり小細工入れるプレーは2Kから評価を受けているような感じですね。

既に前作よりストーリーが面白そう

前作のマイキャリアモードのストーリーは凄くつまらなかったし登場人物も好きになれませんでした。
ライバルキャラはATMとかいう選手だったと思うけど最初出たっきりもう見なくなりました(~_~;)
同居している女性キャラ(名前忘れた)はユーザーから評判悪かったですよ。
でも今回は中国リーグからドラフト外でNBA入りを目指すという設定です。
これも無理はある設定だけど前作のストリート上がりよりは良いかなって思いました。
ライバルキャラもしっかりシーズン通して相手してくれそうだしストーリーも期待しておきます。


この時期は本当に2Kの情報が出回り始めていますので、あまりプレーする時間が無くて大変悔しい思いをしております。
選手作成(ボールコントロールやダンクパッケージ)についてもたくさん書きたいのですが本日はこの辺で。
実際のプレーは9月11日を楽しみに待ってみましょう。
今作のキャラどうしようかなぁ(・へ・)

人気記事【PS4がラグい】プロバイダー変更で解決しました!

 

-NBA2K19
-, ,

© 2021 ゼロステップ Powered by AFFINGER5