【アメリカ代表候補15名】バスケ代表チーム2020年はこの中から!?

NBA

こんにちはフロメです。
FIBAバスケットボールのワールドカップ2019がいよいよ近づいてまいりました!
JBAの公式ホームページに組み合わせが載っています。
話題の八村君が出場する日本代表チームの対戦相手はトルコ、チェコ、そしてアメリカ
アメリカは対戦相手としても気になるし、来年2020年に開催する東京オリンピックのバスケアメリカ代表チームのロスターについても気になるところですよね~。今回はスター選手が集結した形ではないアメリカ代表。まずは辞退した選手から見ていきます。

辞退したアメリカ代表選手

アンソニー・デイビス
ジェームズ・ハーデン
・エリック・ゴードン
・CJ・マッカラム
・ブラッドリー・ビール
・トバイアス・ハリス

※個人的な注目選手に色つけてます

アンソニー・デイビスとジェームズ・ハーデンが辞退したのは本当に残念です。
この辞退した選手だけで金メダル取れそうですよね(笑)
まあ出たくない選手を呼ぶことはできませんので次に現在のアメリカ代表候補を見てみましょう。

バスケ男子アメリカ代表ロスター候補リスト

カイル・ラウリー(ラプターズ/ガード)
ケンバ・ウォーカー(セルティックス/ガード)
ドノバン・ミッチェル(ジャズ/ガード)
マーカス・スマート(セルティックス/ガード)
クリス・ミドルトン(バックス/フォワード-ガード)
ジェイレン・ブラウン(セルティックス/ガード-フォワード)
ハリソン・バーンズ(キングス/フォワード)
カイル・クーズマ(レイカーズ/フォワード)
ジェイソン・テイタム(セルティックス/フォワード)
PJ・タッカー(ロケッツ/フォワード)
サディアス・ヤング(ブルズ/フォワード)
マイルズ・ターナー(ペイサーズ/センター-フォワード)
ブルック・ロペス(バックス/センター)
バム・アデバヨ(ヒート/センター)
メイソン・プラムリー(ナゲッツ/センター)

※個人的な注目選手に色つけてます

スター軍団ではないにせよ他国からしたら贅沢なメンバーであることには変わりありません。
もしも自分がHCだったらスタメンをどうするか妄想しちゃいますね。
このロスターだったら好みが分かれる選手とかもいますから楽しいです。

私が選んだスターター
PG:カイル・ラウリー
SG:ドノバン・ミッチェル
SF:ジェイソン・テイタム
PF:カイル・クーズマ
C:マイルズ・ターナー

スター選手のケンバ・ウォーカーをベンチに置くのは抵抗ありますが
若さと勝利経験のバランスが良く、速い展開にも対応できてどこからでも得点が狙えるメンバー。
ということでこんな感じのスターターにしてみました。
クーズマのところをPJ・タッカーにしてみたり、ミドルトンを入れてみたりすることもできるし、やっぱり贅沢なメンバーですよこれ。
シンプルなアイソレーションでいくならケンバやミッチェル。そしてテイタムあたりがこのチームでは強いのではないでしょうか。
練習で1on1の大会でも開いてほしいですね。
セレクトチームについては割愛しますが最後にコーチ陣を。。

HC:グレッグ・ポポヴィッチ
AC:スティーブ・カー
AC:ロイド・ピアース
AC:ジェイ・ライト

ポポヴィッチは現役NBAのHCでは最高の人選であると思っていますが
ACにスティーブ・カーを呼んでくるなんてこれまた贅沢です。
ロイド・ピアースがいると若手がよく成長する印象がありますのでこれも良い!
ジェイ・ライトはビラノバ大学のHCですがNCAAバスケそんなに詳しくないので良く分かりません(笑)
でもビラノバは強い(・へ・)
このままのメンバーでいくのか辞退者が出るのか追加招集があるのか、まだ分かりませんが現在のロスターでも強力な模様。
アメリカ代表は2020年も当然金メダル狙ってきますから日本代表も一矢報いたいところですね。
富樫のワールドカップ欠場は痛いですが、このブログでも日本代表を応援していきます。こっちには八村、渡邊雄太、ファジーカスのBIG3がいますからね!!
ワールドカップも2020年バスケ東京オリンピックも楽しみにしてます。

タイトルとURLをコピーしました