NBA

【レブロンジェームズ】インスタでレイカーズ最強デュオが公開

こんにちはフロメです。

今回はレブロン・ジェームズのインスタ情報を見ていて
分かってはいたけれど史上最強のコンビになると思われる写真についての感想を書きたいと思います。
まずはレブロンのプロフィールからご紹介します。

レブロンジェームズの身長や年俸などのプロフィール

 

ポジション:フォワード
背番号:23
身長:203cm (6フィート8インチ)
体重:113.5kg (250ポンド)
ウィングスパン:214cm (7フィート)
足のサイズ:35.0cm
年俸:3565万ドル(日本円で約38憶円)
※参考サイト:Wikipedia

強靭な肉体とNBAトップクラスの身体能力
そして最高のバスケットボールIQで勝負してきたレブロンも
34歳になり引退も見えてくる年齢になってききましたが
まだまだプレーは衰えるどころか成熟された内容になってきています。
たまにディフェンスをさぼったりした場面が出てきますが、年齢からくるものなのでしょうかね。
とはいえオフェンスもディフェンスも現在でもNBAトップクラスの実力です。
今のNBAの課題は彼の後継者探しではないでしょうか。

レブロンのインスタで最強の相棒Aデイビスとの2ショット

 

この投稿をInstagramで見る

 

And so today the journey begins my brother! Starts and ends with us. Let’s get it! ??✊? @antdavis23 ? x 〰️ #LakeShow??

LeBron Jamesさん(@kingjames)がシェアした投稿 -

これはとてつもないコンビですよね。今年の優勝候補にレイカーズが挙がる理由がよくわかります。
カズンズが加入してどうなるか楽しみでしたが残念ながら怪我でトリオ結成とはなりませんでした。
ドワイト・ハワードがどこまでレイカーズの為に良いプレーを見せてくれるかも、かなり重要な要素になりそうですね。
昨シーズンとは違った優勝を狙う補強というものに感じました。昨シーズンの補強については以下の記事にて書いています。

2018年オフのレイカーズ補強は成功か!?

今シーズンは最強デュオに注目

今シーズンのNBAを見るにあたり昨シーズンまでのBIG3でチーム力を比較していた時代から
スターが分散されデュオで見る時代へと突入したのかなと感じますね。

今シーズン注目の結成デュオ

・レブロン・ジェームズとアンソニー・デイビス(レイカーズ)
・カワイ・レナードとポール・ジョージ(クリッパーズ)
・ジェームズ・ハーデンとラッセル・ウェストブルック(ロケッツ)
・ステファン・カリーとディアンジェロ・ラッセル(ウォリアーズ)
・ルカ・ドンチッチとクリスタプス・ポルジンギス(マーベリックス)
・ケビン・デュラントとカイリー・アービング(ネッツ)
※ネッツに関しては今シーズンはプレーが見れないかもしれませんが凄いデュオです

上記が今シーズンから結成される最強デュオの一覧です。
個人的にはブラッドリー・ビールと八村塁もここに入るくらいのインパクトを残してほしいものです。

レブロンの新作バッシュ「レブロン17」がカッコいい

レブロンといえばシグネチャーシューズである「レブロン17」が楽天で昨日10月1日に発売されています。

【10月1日(火)発売】NIKE/ナイキ バスケットボール バスケットシューズ [bq3177-002 LEBRON_XVII_レブロン17] バッシュ_LEBRON_レブロン・ジェームス/2019FW 【ネコポス不可能】

バッシュのデザインはかなり力強いものとなっており彼のプレースタイルをよく表現したスタイルになっています。
マイアミヒート時代に着用した背番号「6」や「I'm KING」等が刻印されているのでマニアにもかなり楽しめる作品に仕上がっているようですね。
私もお給料が上がれば是非とも買いたい一足です。

まとめ

今シーズンはデュオが優勝争いの鍵を握ると言われています。そして最強デュオはロサンゼルスの2チームに存在しています。
じゃあ優勝はロサンゼルスから出るのか?と思いますがそう簡単に予想するには本当に難しくなった、そして面白くなったNBA!
近いうちに優勝予想なんかもしたいと思っていますが、そんなこんなで開幕が近づいてきたので始まっちゃいそうですね。
昨シーズンと違いレブロンも本域で優勝狙ってくるでしょうから本当に目が離せません。

そして東京オリンピックにレブロンジェームズ来てほしいという願いも最後に書いておきます!

それでは。

レブロン ジェームズ アイコン エディション スウィングマン ジャージー

-NBA
-, , , ,

© 2021 ゼロステップ Powered by AFFINGER5